Aloft

ファミリーが1つになって作る魅力的で素晴らしプライベートワイン

カリフォルニア ・ワイン産業に多大な影響と貢献を与えてきたモンダヴィ・ファミリー(Mondavi Family) 。世代を超え今でもナパ・バレーで素晴らしいワインを作り続けています。

Aloft – 『空の上』とも訳せる通り、ナパ・バレー北東にあるハウエル・マウンテン地区(AVA)、標高550メールの丘の上にワイナリーと畑があります。

創立者はマーク・モンダヴィと奥様のジャニス・モンダヴィご夫婦。マークはロバート・モンダヴィの弟でナパでも歴史あるチャールズ・クルッグ・ワイナリー(1861年創立)のオーナーでもあります。曾祖父チェザレー・モンダヴィと曽祖母ローザ・モンダヴィはカリフォルニア ワインの先駆け者としてナパのワイン産業の発展と歴史から名前を絶対に外せない存在です。

Aloftが誕生する前の2001年、マーク・モンダヴィと奥様のジャニス・モンダヴィご夫婦はハウエル・マウンテン地区に引越しをする為にその地区に20エーカー(約25500坪)程の広さの土地を購入します。ご夫婦が購入した土地には葡萄が植えられた歴史はありませんでしたが葡萄栽培と醸造に関して熟知しているマイケル氏は、数年後この土地の広さ役半分(10エーカー)を耕し、葡萄が美味しく育つ為に必要な地勢、天候、土質、気温といった自然条件に適したカベルネ・ソーヴィニョンの葡萄を植えます。ゴツゴツと岩がある山稜でもある事からRocky Ridgeと畑を名付けました。

2005年にマークとジャニスは同じ地区ハウエル・マウンテンに新たに60エーカの広さの土地を購入します。その中の24エーカーはカベルネ・ソーヴィニョン、1エーカーはプティ・ベルドの葡萄を植え、葡萄畑の名前を『Cold Spring Vineyard』と名付けます。日本語で冷たい春という意味に訳せます。残りの34エーカーの土地にはオークの木、松の木、他色々な植物を植えています。

素晴らしい葡萄も育ち、2008年がAloftの初ヴィンテージとなりました。ワインメーカーはトーマス・リバース・ブラン(Thomas Rivers Brown)。カルフォルニアワイン愛好家なら頻繁に耳にする名前だと思います。ワインスペクターやロバート・パーカーなどのワイン評論家からも100点を多く獲得している凄腕の持ち主。世界のワイン愛好家から注目されています。2016年からマークの娘、アンジェリーナ(Angelina)がワインの醸造を引き継ぎます。アンジェリーナはカルトワインで知られているHundred Acre(ハンドレッド・エーカー)のオーナー兼ワインメーカーのジェイソンの元でも醸造を学ぶなど、トップ生産者と経験を積みその彼女のセンスはAloftのワインに十分に反映されています。彼女の妹のアリーシア(Alycia)はセールス、マーケティングを担当しています。マークの奥様のジャニスは家族のまとめ役。アンジェリーナとアリーシア姉妹曰く、家族が1つになって進んでいく為にお母様は重要な立ち位置に居ますと言っております。

Aloft の畑を管理をする葡萄栽培家はジム・バーバー(Jim Barbour)。彼はナパを代表する葡萄栽培家の一人です。ナパ生まれナパ育ち。Davis大学を卒業し葡萄栽培に関しては30年以上の経験の持ち主。誰もがトップクラスと認める

ワイナリーの葡萄畑の管理を他でもしています。

Aloft ではカベルネ・ソーヴィニョンを主体としたエステイトワインを作り続けています。

ワイナリー名

アロフト(Aloft

ファミリー

マーク・モンダヴィ(Mark Modavi

ジャニス・モンダヴィ(Janice Mondavi

アンジェリーナ・モンダヴィ(Angelina Mondavi

アリーシア・モンダヴィ(Alycia Mondavi

ワインメーカー

アンジェリーナ・モンダヴィ(Angelina Mondavi

ワイン・コンサルタント

トーマス・リバース・ブラン(Thomas Brown

葡萄栽培家

ジム・バーバー(Jim Barbour

ぶどう栽培地域(AVA

ハウエル・マウンテン(Howell Mountain)

産地

ナパ・バレー(Napa Valley

There’s an unmistakable quality to the Cabernet you can grow on this mountain. Situated 1,660 feet above Napa Valley, the location, soil profiles and elevation of our Cold Springs Vineyard are enough to make even the most stoic wine geek swoon. The topography is so varied, there’s no single vantage point that gives you a sense of the whole, but rather, it offers little secrets to be discovered around every bend.

It’s hard to explain what it’s like standing here, in a vineyard surrounded by forests, seemingly worlds away… it’s just one of those special places that needs to be experienced firsthand.

Peter Mondavi Sr. and his sons, Marc and Peter Jr., have spent a lifetime in the vineyards growing grapes,
tending the land, and learning everything there is to know about making great wines. In 2003, Marc found
60 acres nestled in the quiet hills of Howell Mountain, Napa Valley. Marc was immediately mesmerized by
the rolling hills and varying soils and as taught by his father Peter Mondavi Sr., he knew these were factors
destined to produce fruit with abundant character and complexity.
The family compiled a dream team capable of harnessing the vineyard’s potential, by hiring Napa Valley’s
highly regarded vineyard manager, Jim Barbour and world-class winemaker Thomas Rivers Brown. After
years of collaboration with the singular focus of producing the finest Cabernet Sauvignon possible, the team
is proud to release the inaugural vintage – the 2008 Aloft Cabernet Sauvignon.