LOKOYA

ロコヤは、ナパバレーの活気のないブドウ園のサイトから、アペラシオン特有のカベルネソーヴィニヨンを少量生産しています。最高級のブドウ園のみを選択し、各区画を耕作してその独特の属性を強調することにより、ロコヤは、それらが栽培されている各アペラシオンの独特の特徴を反映する強力で複雑なワインを生産します。

歴史

ジャクソンバンク家は1995年にロコヤを設立し、ナパバレーの独特のアペラシオンからの強力な果実を紹介しました。故ワインメーカーのグレッグ・アプトンは、1997年にマルコ・ディジュリオに手綱を渡す前に、コースにワインをセットしました。クリストファー・カーペンターは、3年間アシスタントワインメーカーとして働いた後、2000年にロコヤのワインメーカーになりました。1998年10月、ロコヤは1995年ヴィンテージの4つのカベルネソーヴィニヨンでデビューしました。それぞれがそのラベルに別々のアペラシオンを持っていました:ハウエルマウンテン、マウントヴィーダー、ダイアモンドマウンテン、ラザフォード。

名前

ロコヤは、西部の山々のヴィーダー山に住んでいたナパバレーのネイティブアメリカンの部族を称え、その一部を「ロコヤ」と名付けました。これは、伝説によれば、「ガチョウが飛ぶ場所」を意味します。

ワイン作り

ワインメーカーのクリス・カーペンターは、素晴らしいワイン造りの芸術は、ブドウ園とセラーにいつ介入するか、そして果物をできるだけ自然に雄弁に表現できるようにいつ放置するかを知っていると信じています。ワイン造りは果実の最適な表現を育み、あらゆるターンで穏やかな取り扱いで理想的に熟した果実を甘やかします。広範な選別、天然酵母発酵、小さな木製バスケットの圧搾、小さなフレンチオーク樽での熟成により、各ブドウ園でかけがえのないものが生まれます。