MACAULEY

お母様アン ・マッカウリー・ワトソンの夢に新たな息を吹き込んだ息子のマック。生まれ育ちはナパ・バレー。幼馴染のワインメーカー、カーク・ベンジと格別なワインを作り続けています。

ワイナリーのオーナーのマック・ワトソン(MAC WATSON)のお母様アンは1980年代にソーヴィニョン・ブランで作るデザートワインをナパで作っていました。当時アンのワインを作っていたワインメーカーはリック・フォーマン(Ric Forman)。

マックは学生時代に少しだけフランスで過ごす機会もありました。60年代の有名なワインでは一級シャトーのChâteau Lafite Rothschild(シャトー・ラフィット・ロストチャイルド)をヴァーティカルで味見する機会にも恵まれ、ワインの風味にこれほどにも大きな違いがあるのかと強い感銘を受けます。アメリカに戻りコロラド州の大学に通っていた時にナパでワインメーカーを務める父親を持つクラスメイトに偶然出会います。彼女を通しナパ出身の同級生と知り合う機会が増え思い切ってナパへ戻り、醸造学で有名なUC Davis(カリフォルニア大学デービス校)に通います。2000年の夏にオークヴィル(Oakville AVA) 地区にある有名なワイナリー、Rudd Estateで数ヶ月働きます。そこでお母様アンのワインのラベルを再現したいと強く感じるようになり翌年の2001年にワインを作り始めます。マックの力になってくれたのはナパのラザフォード(Rutherford AVA)地区 出身の幼馴染のカーク・ベンジ(Kirk Venge)。彼は2世代目の葡萄栽培家であり又知名度の高いワインメーカー。彼の父ニールズ・ベンジ(Nils Venge)の側で葡萄栽培やワインの醸造について多く学んできたカークは研ぎ澄まされ味覚の持ち主。Macauleyが誕生した第1日目からマックと共にワインを作り続けています。

ワイナリーの名前『Macauley』はマットの母アンのミドルネーム。

Macauleyの初ヴィンテージは2001年で600ケースのワインをリリースしました。契約を結ぶのに大変難しいアンディー・ベックストファー(Andy Beckstoffer) 所有のTo Kalon ヴィンヤードの葡萄でもワインを作っています。カベルネ・ソーヴィニョンとジンファンデルに集中したワイン造り。最近少量ではありますがシャルドネも作り始めました。シャルドネに使われている葡萄は1976にパリで行われたカリフォルニアワイン対フランスワイン『パリスの審判』でフランスを破って1位を獲得した1974 Chateau Montelena Napa Valley のシャルドネに40%使われたBacigalupi Vineyardsからの葡萄で作っています。

2018年にはワインのコレクションで有名なNBA(ナショナル・バスケットボール・ アソシエーション)のレブロン・ジェームスのチームがMacauleyを訪問しています。お会いする度にホッとさせてくれる優しい表情を持つマックさん。若い時に最愛なる母アンを突然事故で亡くした彼。Macauleyのワインには個人的な強い思いが込められております。意気投合でき幼馴染であるワインメーカーのカークと究極なワインを毎年リリースしています。

ワイナリー名

マッカウリー・ヴィンヤード(Macauley Vineyard

ファミリー

マック・ワトソン (Mac Watson)

エイミー・ワトソン (Amy Watson)

ワインメーカー

カーク・ベンジ(Kirk Venge

葡萄契約先

Star Vineyards 

To Kalon

Stagecoach Vineyard
Darms Lane
Oso Vineyard
Kennefick Ranch
Luvisi
Moss Creek
Korte Ranch

Bacigalupi Vineyards

産地

ナパ・バレー(Napa Valley

 

Macauley Vineyards consists of wine grown from two exclusive and unique properties, To Kalon and Star Vineyards.

To Kalon
Originally planted in 1868 by pioneer viticulturalist Hamilton W. Crabb, the historic To Kalon Vineyard provides grapes for some of the Napa Valley’s most sought after wines including Harlan Estate, Bacio Divino, Carter, Schrader, Paul Hobbs and Macauley.

To Kalon is Greek for “highest quality” or “greatest beauty.” The vineyard sits at the base of the Mayacamas Mountain Range in the Oakville American Viticulture Area and is managed by the famed Andy Beckstoffer whose passion for growing the best grapes possible is legendary in the Napa Valley.
Our To Kalon Cabernet Sauvignon is a Clone 337 on 110 R rootstock and was planted in the early 1990’s. The clay and loam alluvial soils of the appellation give the vines very deep roots with excellent drainage. The berries are small and the bunches are tight, making for a concentrated and flavorful wine of “highest quality” and “greatest beauty.”

Star Vineyards
Originally a collaboration of the late Reg Oliver, Ric Forman and David Abreu, Star Vineyards grows in the heart of the Rutherford Appellation. Its location on the west side of Highway 29 in the middle of the Rutherford “Bench” means the vines get wonderful sun exposure and sink their roots into deep, well drained alluvial soils. This is one of the valley’s most celebrated spots for grape growing.

The vines of Star Vineyard have produced consistently delightful wines, including Forman, El Molino and St. Clemente. We get our Cabernet Sauvignon from the most historic, most long running Star Vineyard block. A fifty-fifty split of Clone 7 and Martha’s on 110 R stock, these vines took root under the dedicated care of Reg Oliver in 1991. They are now managed by David Abreu, one of the most sought after vineyard consultants in California